味力(みりょく)」という考え方

すべては「味力みりょく」のある食のために

長年にわたり積み重ねてきた、確かな味でプロの料理を支えたい。
丸善食品工業は自然食品にこだわり、
「魅力ある味=味力」を目指して研究開発を続けております。
本当に安心できる「味力」あふれる美味しさを、
日本はもちろん世界のマーケットに発信します。

日本人の持つ繊細な味覚と確かな技術。
豊かな「味力みりょく 」を、世界へ伝えたい。

「魅力ある味=味力」を追求して

 私たちは「すべては味力のある食のために」のスローガンのもと、1962年の創業以来、プロフェッショナルな料理の下支えとなるべく、プレーンオイル・シーズニングオイル、エキス等、食品原料の研究を重ねて参りました。
「魅力ある味=味力」をつくり出すためには、厳選された自然食品はもちろん、人材・技術・設備が非常に重要になります。丸善食品工業では、農畜・水産学・食品化学・生産工学などに専門特化したスペシャリストたちが、充実した設備環境のもと、より高品質な製品を目指して、分析・研究を繰り返しています。目指しているのは、人のカラダにやさしく、本当に安心できる「味力」ある美味しさです。

原料を無駄なく使うということ

 毎日のように使っている「いただきます」という言葉。
それは「さまざまなものが持つ命や力を、私の命にかえさせて"いただきます"」という意味です。わが社では素材の持つ命・力をいただいて味づくりをしています。だからこそ隅々まで無駄なく大切に使い、その美味しさを最大限に引き出していきたいと考えております。
また、同じ思いからエキス抽出後の廃棄物をさらに処理し、栄養価の高い肥料原料(蒸製骨粉)へと変える「循環」を意識した、エコロジーな事業も行っております。

売り手よし、買い手よし、世間よし

 近江商人に伝わる経営理念に「売り手よし、買い手よし、世間よし」という「三方よし」というものがあります。商取引は売り手と買い手だけでなく、社会全体の幸福につながるものでなければならないという考え方です。
私たちは事業をする上で、″勝ち負け″ではなく″勝ち勝ち″にこだわりたい。社員ひとりひとりの成功が会社の成功となり、それが顧客の成功、また地域の活性化へと繋がっていく。そんな企業を目指して歩んで参りたいと思っております。

これからの丸善食品工業

 丸善食品工業は、常に世界を意識した企業展開を行っております。よりよい素材の安定供給を目指し、国内以外にも中国の拠点やオセアニアの協力企業から、私たち独特の「味力」の発信を行っております。これからも日本人の持つ繊細な味覚と確かな技術を武器に、グローバルな視点を持って世界のマーケットに挑戦していきたいと思っております。
また、日本の拠点である鶴岡工場では今まで培ってきた抽出製造の技術力をもとに、原料にさらなる価値を加えるべく、業務用商品や機能性食品原料の開発を行っております。これからも、より付加価値の高い製品を製造し、顧客満足度の高い、時代の要望に即応した事業展開を推進いたします。
「すべては味力のある食のために」丸善食品工業はこれからも社員一丸となって「魅力ある味=味力」を作り出すために力を注いで参ります。

丸善食品工業株式会社
代表取締役社長

理念と方針

経営理念

1.新しい食文化を創造し、健康で豊かな生活づくりに貢献します。

1.丸善パートナーと共にお客様のニーズに挑戦し、その期待に応えます。

1.丸善メンバーの成長と幸せを追求します。

行動指針

安全と環境
食の安全・安心・環境保全を最優先課題と考え、社会と社員の安全と健康を守り、環境保護に努めます。

顧客重視
食の未来を先取りし、お客様の立場に立って、知恵と技術を生かします。

役割と自助
社内外から期待される役割を自覚して現実を直視し、自助の精神を持って課題を解決します。

働きがい
目標を達成する喜びを分かち合い、互いに高めあって人を活かし、組織を活かす風土をつくります。

公正と誠実
公正さと高い倫理観と責任感をもって行動し、社会の信頼に応えます。

お問い合わせ